スペイン 気ままに ネット旅

スペインをネットで気ままに旅するブログ

【エル・ロシオ】スペインのもう1つの巡礼の街(サンティアゴ巡礼はものすごく有名だけれど・・・)

f:id:kimamy:20211205092418p:plain

 こんにちは、きままです!みなさま、お元気ですか?

 今日は、気ままに、アンダルシア州のエル・ロシオ(El Rocío)にやってきました。

 エル・ロシオは、真ん中のマドリッドから見ますと、南西(左斜め下)に位置します。

 マドリッドからですと、直通で行くことのできる公共交通手段はありません。そのため、近くの街まで行って、そこからのアクセスとなります。バスですと、DAMASというバス会社が運行していて、セビーリャからは約1時間30分、アルモンテからは約20分で行くことができます。バス会社(DAMAS)のホームページで、時刻表を調べることができます。

巡礼の街

 スペインで「巡礼」といえば、サンティアゴ・デ・コンポステーラを目指す、サンティアゴ巡礼がとても有名ですが、エル・ロシオも、スペインの巡礼地の1つとして有名です。毎年、5月下旬から6月初旬にかけての聖霊降臨祭(ペンテコステ)にあたる日に、この街の15キロ北にある、アルモンテに集まった巡礼団が、馬車、幌馬車、徒歩などで、笛と太鼓の音に合わせながら、エル・ロシオの聖堂まで行進します。いつもは人気のない小さな街ですが、このときばかりは歌に踊りに大賑わい。セビーリャ、ウエルバ、カディス、その他、スペイン全土から、多い時には数10万人も集うのだとか。みなの目指す、街の中心の白亜の聖堂のなかには、聖母マリア像が祀られています。この聖母マリアの別名は、” La Blanca Paloma"(白いハト)というそうです。州のホームページに聖堂の写真がありました。どうぞ!

 1週間のお祭り騒ぎが終わり、巡礼者たちが帰った後は、またもとの静かな静かな街に戻るります。この巡礼についての情報満載のホームページを見つけました。ご興味があれば、どうぞ!写真、歴史、プログラムなどクリックしているだけでもおもしろそうです。

聖堂のマリア像にまつわる伝説

 さて、この街の聖堂に祀られている聖母マリア像には、ある伝説があるようです。

 15世紀の初め、ひとりの狩人がアルモンテから15キロほど南に下った山奥の、”La Rocina”(ラ・ロシナ)と呼ばれていた一帯で狩りをしていると、猟犬が大木の前でしきりに吠えます。そこで近づいてみると、その大木の根本に、美しい白い麻の衣をまとったマリア像を見つけました。狩人は、この像をアルモンテまで担いで帰ることに。ところが、あまりに重くて疲れてしまって、途中で眠り込んでしまいました。目が覚めてみると、マリア像は影も形もありません。もしやと思い、引き返してみると、元の場所に見つけた時と同じお姿でいらっしゃったそうな。アルモンテに帰って、仲間にこの体験を語り、みんなでその場所に行ってみると、たしかに、マリア像があります。神父様に相談したところ、マリア様はきっとこの場所がお好きなのだろうからお堂を建ててさし上げよう、ということになりました。

 これが、エル・ロシオの聖母マリア像にまつわる由来の1つなのだそうです。

馬に揺られてゆっくりお散歩

 エル・ロシオは、小さい街。その中心には白亜の聖堂、街中には小さな白い家が点々としていて、とても美しい街並みです。また、ヨーロッパでも最大級の自然保護区で、野鳥の生息地として有名なドニャーナ国立公園に面しています。のんびりした街並みから少し足を延ばして、ドニャーナ国立公園まで、馬にまたがりゆっくりお散歩。そうしたツアーがあるみたいなので、参加してみると、一味違った旅の思い出ができるかもしれません。

街のホームページ

 最後に、州が紹介する街のホームページです。より詳しい情報へのリンクが貼ってあるので、便利です。

 最後まで読んでいただいて、有難うございました。

 他の【スペイン街巡り】も見てみる!

f:id:kimamy:20211205092418p:plain

スポンサーリンク

 

 

ページトップへ

【きまカフェ】がんばれ、徳島ヴォルティス!がんばれ、ラバイン監督!(ポヤトス監督とロドリゲス監督も・・・)

f:id:kimamy:20211205092418p:plain

 2022年のサッカーワールドカップ、日本代表がスペイン代表に勝って、興奮しました。その時、このブログ、「スペイン気ままにネット旅」にもちょっとした異変が起こりました。「【きまカフェ】「キャプテン翼」、スペイン語では・・・”Oliver y Benji”!?」という記事のアクセスが急増したのです。三笘薫選手と田中碧選手が『キャプテン翼』の翼くんと岬くんにたとえられたからでしょうか。こちらもいささか興奮してしまいました。

 その勢いで、スペインとサッカーに関連するキーワードであれこれネット検索していると、日本のJリーグ徳島ヴォルティスにスペイン人の新監督が就任したというニュースを見つけました。興味を持ち、少し調べてみることにしました。


 

 徳島ヴォルティスは、2022年12月時点で、J2に所属しています。2013年と2020年にJ1に昇格しましたが、いずれも1年でJ2に降格。J1昇格を目指してがんばっているチームです。そのチームの2023年シリーズの新監督として、スペイン人のベニャート・ ラバイン(Beñat Labaien)氏が就任しました。そして、なんと、徳島ヴォルティスの監督は、2代前からスペイン人であることを知りました。前監督はバルセロナ出身のポヤトス監督。今季から、ガンバ大阪の監督になるとか。その前はオビエド出身のロドリゲス監督。ロドリゲス監督は、2020年、チームを2回目のJ1昇格に導いた名将です。2021年シリーズと2022年シリーズは、浦和レッズの監督を務めましたが、2023年シリーズは未定とか。

 さて、ベニャート・ラバイン新監督は、バスク州のギプスコア県にあるベルガラ(Bergara)という小さな街出身の35歳。同州、同県にある、サン・セバスティアンをホームとする、レアル・ソシエダ(Real Sociedad)の分析コーチだったそうです。レアル・ソシエダは、スペインの1部リーグに属し、2021-22シリーズの成績は6位。1979-80、1981-82シリーズには優勝したこともあるとか。

 さっそくチームの公式ページを見てみると、2022年12月9日の記事で、ラバイン分析コーチの徳島ヴォルティスへの移籍が発表されていました。

 リンク先の写真の向かって左、ラバイン分析コーチと肩を組んでいるのは、イマノル・アルグアシル(Imanol Alguacil)監督。次の分析コーチはすでに決まっているようで、サンス(Sanse)というリザーブチームの分析コーチが就任するそうです。

 ラバイン新監督の経歴も調べてみました。2009年にアトレティコ・マドリッドのユースチームのマネージャーとしてキャリアを積み始め、スペイン代表チーム(U-17)の分析コーチや、レアル・マドリッドのユースチームのアシスタント・マネージャーなどを歴任し、その後、イングランドリーズ・ユナイテッドFCLeeds United Football Club)のアシスタント・マネージャーを経て、2018年にレアル・ソシエダの分析コーチになり、今季2023年から徳島ヴォルティスの監督です。

 地元の新聞もチェックしてみました。いくつかヒットしましたが、ノティシアス・デ・ギプスコア(Noticias de Gipuzkoa)という地元紙の記事です。

 ラバイン新監督のSNSはないかと思い、検索してみると、ツイッターがありました。ご興味があれば、どうぞ!

 余談になりますが、レアル・ソシエダには、日本代表の久保建英選手も2022年7月から所属しているとか。チームの公式ページに久保選手のインタビューの動画が公開されていました。華麗なプレーもさることながら、久保選手のものすごく流ちょうなスペイン語に舌を巻きました。是非、ご覧ください!かっこいいです!

 2023年、ラバイン新監督のもと、徳島ヴォルティスのJ1昇格はなるか。とっても楽しみです!

 がんばれ、徳島ヴォルティス

 がんばれ、ラバイン新監督(ポヤトス監督とロドリゲス監督も)!

 最後まで読んでいただいて、有難うございました。

 他の【きまカフェ】も見てみる!

f:id:kimamy:20211205092418p:plain

スポンサーリンク

 

 

ページトップへ

【ベルガラ】バスク地方の山あいにある美しいエコの街

f:id:kimamy:20211205092418p:plain

 今日は、気ままに、バスク州のベルガラ(Bergara)にやってきました。この街、日本のサッカーのJ2リーグに属する徳島ヴォルティスの新監督に就任した、ベニャート・ラバイン(BEÑAT LABAIEN)監督の出身地なのだそうです。どんな街か気になり、手持ちのスペイン語のガイドブックを見てみたのですが、載っていません。そこで、気ままに、ネット旅することにしてみました。

 ベルガラは、真ん中のマドリッドから見ますと、北東(右斜め上)に位置します。マドリッドから直通でいくことのできる公共の交通手段はないようです。近くの大きな街ですと、同じバスク州サン・セバスティアンビルバオビトリアから直通バスが出ていて、どの街からも1時間ほどでアクセスすることができます。マドリッドからバスで行くのであれば、ビトリア乗り換えが1番早いと思います。マドリッドからビトリアまでは約4時間30分、ビトリアからベルガラまでは約1時間、全部で6時間みておけば着くでしょうか。”Pesa S.A.”というバス会社が、ベルガラへの運行を行っています。

自然豊かなエコの街

 ベルガラは、バスク地方の山あいにある小さな街。周りは豊かな自然に囲まれています。スペインは、エコ活動が盛んな国の1つですが、ベルガラもエコにとっても配慮しています。街にはサイクリングロードが完備されています。その歴史は古く、ヨーロッパのサイクリストの間ではけっこう有名な街であるとか。その他、市街地にはエコバスが走り、郊外にはキャンピングカーのための広い駐車場を備えたキャンプ施設などがあるそうです。街の観光案内のページに街のようすをコンパクトにまとめたYoutubeの動画を見つけました。美しい街のようすが紹介されていますので、是非、どうぞ!

美しい街並み

 街なかには、16世紀、17世紀につくられた石造りの建物や美しい庭園がたくさんあります。旧神学校、市庁舎、大きな塔、教会・・・どの建物も興味深いものばかりです。これらの建物や庭園をまとめたページありますので、お散歩気分で、是非どうぞ!写真を見ているだけで、美しい街並みを楽しむ気分を味わうことができると思います。

タングステンゆかりの街

 この街、今では、スペイン語のガイドブックにも載っていませんが、18世紀のヨーロッパでは、とても有名であったそうです。というのも、この街で、エルヤル兄弟*1が、木炭で還元することによって初めてタングステンの単体遊離に成功したからです。そして、「ウォルフラム(Wolfram)」と命名しました。タングステン自体は、スウェーデンの化学者であるカール・ヴィルヘルム・シェーレ(Carl Wilhelm Scheele、1742–1786)が発見しました。「タングステン(Tungsten)」の原義はスウェーデン語で「重い石」。元素記号W、原子番号74、灰白色のきわめて硬い金属で、融点が高いため、電子機器のさまざま部分に活用されています。
 このように、この街がかつてはヨーロッパでも有数の科学実験の中心地であったためか、市街地には科学実験ミュージアムがあります。化学、物理学、動物学を中心に充実した展示活動を行っているようです。

タングステンにちなんだ名物スイーツ

 タングステンの単体遊離がなされたこの街ならではのスイーツがあります。その名も”Wolfram goxoa”。”Wolfram”(ウォルフラム)はタングステンのこと。”goxoa”は、バスク語で、発音はわかりませんが、「甘い」という意味なのだそうです。つまりは、「甘いタングステン」。ベルガラは、2018年に街ができて750周年を迎えました。その記念事業の一環として、このスイーツがつくられたそうです。チョコレートとクッキーと砂糖入りの卵黄が主な材料。見た目はタングステンみたいでちょっとグロテスクですが、味は甘くてとっても美味しいとのことです。

 ベルガラには、”Wolfram goxoa”のほかにも、甘いクリームをビスケットで挟んだ、この地に昔からある、素朴で美味しいお菓子もあるようです。


 

 街を紹介する充実した観光ホームページがありますので、ご興味があれば、どうぞ!

 最後まで読んでいただいて、有難うございました。

 他の【スペイン街巡り】も見てみる!

f:id:kimamy:20211205092418p:plain

スポンサーリンク

 

 

ページトップへ

*1:ファン・ホセ・デ・エルヤル(Juan José Delhuyar y Lubice、1754-1796)とファウスト・デ・エルヤル(Fausto Fermín de Elhuyar、1755-1833)

© 2021 きまま