スペイン 気ままに ネット旅

スペインをネットで気ままに旅するブログ

【スペイン図書館】オリウエラにある公共の中央図書館

f:id:kimamy:20211205092418p:plain

 今日は、気ままに、バレンシア州アリカンテ県の街、オリウエラ(Orihuela)にある、公共の中央図書館(Biblioteca Pública del Estado en Orihuela – Fernando de Loazes)にやってきました。オリウエラの歴史は古く、その歴史は前1,500年まで遡れるそうです。セグラ川沿いの肥沃な低地に位置し、灌漑が発達しているため、農業が盛んで、オレンジ、綿花、トウモロコシ、穀物カーネーションなどを産するそうです。街なかには、14世紀に建てられた、サンティアゴ聖堂など文化遺産が多いとか。なお、カーネーションは、スペインの国花です。

 さて、このような街にある図書館はどんな図書館なのでしょうか。主な統計値を書きます。

  • 【主な統計値(2019年)】
    建物内図書館利用エリア:2,120㎡
    入館者数:83,650人
    登録者数:20,235人
    所蔵資料総数:192,830件
    貸出総件数:40,332件
    (出典:スペイン文化・スポーツ省のページ

 この図書館の歴史は、1863年に始まります。初めは、オリウエラ大学の資料を保管する役割を担っていました。この大学は、この街の総大司教であった、フェルナンド・デ・ロアセス(Fernando de Loazes、1497-1568) によって、1569年につくられましたが、1835年に廃止されてしまったようです。時を経て、1940年、建物の老朽化のため、場所を移転し、さらに、1992年にも移転し、その場所に、新しい建物が建てられ、今日に至っています。建物の設計は、バリャドリッド出身の建築家、アルベルト・カンポ・バエサ(Alberto Campo Baeza、1946-)。彼は、建築の分野に「ミニマリズム」の考え方を導入したことで知られ、数々の建築賞を受賞しているそうです。
 さて、これまで、図書館内で守るべき規則についてあまり触れてきませんでしたので、今回は、改めて見てみたいと思います。コロナウィルス蔓延防止のための規則も書かれていました。

コロナウイルス蔓延防止のための規則

  • マスクを付けること
  • アルコール消毒を怠らないこと
  • ソーシャルディスタンスを保つこと
  • 使用後は椅子を机の上にのせること
  • 書棚の本に勝手に触れず、図書館員に依頼いて取ってもらうこと

一般規則

禁止事項

  • 喫煙
  • 館内で携帯電話の電源を入れること
  • 飲食(水は除く)
  • 大声を出したり、読書を乱すような物音を立てること
  • 椅子や机などの場所を移動させること
  • 資料全体をコピーすること
  • 貸し出し処理せずに資料を持ち出すこと
  • 館内のものを粗末に扱うこと

補足注意事項

  • 各サービスの規則を順守すること
  • 図書館の提供するサービスは、それを求めるいかなる利用者にも開かれていること
  • 書棚に収められている資料の並び順を遵守すること
  • 図書館員、他の利用者、図書館の資産に対して常に敬意を払うこと
  • 図書館にふさわしい行動を保つこと
  • これら規則を守れない利用者には退出してもらう可能性があること

 以上、図書館であれば、古今東西を問わず、どこでもあるような内容でした。けれども、1つ気になったことがありました。それは、「コロナウイルス蔓延防止のための規則」の中の、「・使用後は椅子を机の上にのせること」という規則です。椅子の座る部分を机の表面に接する形で、机の上にのせるのでしょうか。その理由が気になりました。スペインの図書館で使われているような椅子は、きっと頑丈で重いでしょうに。使用後に、係の方が、床をすぐにアルコール消毒できるようにするためでしょうか。想像力を掻き立てられます。
 その他、目にとまったのは、オリウエラ出身の2人の知識人からの寄贈図書についての紹介です。オリウエラに親しむために、少し見てみることにしました。1人目の寄贈者は、ホセ・アンヘルエスクラ・カリリョ(José Ángel Ezcurra Carrillo、1921-2010)。オリウエラ出身の編集者、詩人なのだそうです。1946年に、バレンシア(Valencia)で、Triunfo(トリウンフォ、意味は「勝利」)という雑誌を創刊し、その編集長を36年もの間務めたそうです。この雑誌の他にも、演劇、映画、歴史についての専門誌の編集長を務め、民主主義の発展に貢献しました。2006年、彼から、Triunfoの寄贈を受けたそうです。
 2人目の寄贈者は、アドルフォ・リソン・ガデア(Adolfo Lizón Gadea、1918- 2011)。彼は、オリウエラ出身の作家、詩人、ジャーナリストなのだそうです。同じくオリウエラ出身の詩人、ミゲル・エルナンデス(Miguel Hernández、1910-1942)とも、サロンを通じて、交流があったそうです。1944年から30年間、ポルトガルに住み、スペインに帰国後は、マドリッドのコンプルテンセ大学の情報学部の教授を務めました。2020年10月1日から11月30日まで、この図書館で、彼についての展示会も開催されたとのこと。彼からも、多くの自著の寄贈を受けています。なお、前述した、ミゲル・エルナンデスは、農家出身の詩人で、フランコ政権下に捕らえられ、獄中で亡くなったのだそうです。
 最後に、図書館名称に付されている人名、フェルナンド・デ・ロアセス(Fernando de Loaces、1497-1568)は、オリウエラ出身の総大司教、政治家です。修道院をもとにした大学機関をつくるなど、この街の知的基盤の形成に尽くしたということです。2018年には、没後450年を迎たことも書かれていました。
 以下、図書館のホームページです。ご興味があれば、どうぞ!

 最後まで読んでいただいて、有難うございました。

 他の【図書館】も見てみる!

f:id:kimamy:20211205092418p:plain

スポンサーリンク

 

 

ページトップへ

© 2021 きまま